をちこち

新三河タイムス社の中の人(女性スタッフ)のブログ。中の人が個人的に立ち寄ったお店の紹介がメインになります。 ※豊田市、みよし市以外の市町村(県外含む)も載せていきます。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 管理人旅日記
CATEGORY ≫ 管理人旅日記
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

姫路+神戸に行ってきました!

週末を利用して姫路+神戸=兵庫県へ行ってきました。日帰りです。
今回はじめて新大阪から新幹線「さくら」に乗ったのですが、これって鹿児島にいけるんですね…すごい…。でも何時間かかるんでしょうか…(遠い目)。途中駅に「川内」があって、「艦これ」の川内ちゃんが脳裏に掠めました(そんなのばっか。笑)。

姫路駅で下車したのははじめてなのですが、さすがJR西日本さんの縄張り(笑)……JR東海さんでは見られないアレが。
20140901-1.jpg
改札口前のモニターではアニメが流れ、壁沿いにはこのカンセンジャーの看板(顔出しにあらず)。
このキャラクターの主人公(ニシさん)、普段は車掌さんです。詳細が気になった人はググってみましょう(投げた)。

姫路といえば、姫路城です。いざ城攻めへ!
20140901-2.jpg
姫路城、クレーン添え。
真っ白になった姫路城。周辺と比べれば、どれくらい白くなったのか比較できるかと思います。
しかしまだ工事中なので、城の内部に侵入できません。残念ですが。
やはり城の内部に潜入(見学)してこその城攻め。ので今回は内偵にとどめておきました。次回は確実に落城(見学完了)を目指します。笑

姫路城、今でこそ世界遺産で美しい城の扱いを受けていますが、この城の成り立ちはなかなか面白い逸話に溢れてます。築城したころは、まさか400年後まで残るとは想像もしてなかったわけなので、笑えるエピソードも。
ただ築城から幕末、空襲でも焼けなかった幸運さもあって、縁起のよい城です。受験生は拝みましょう(落ちない)。

姫路は城だけを見て離脱。そのまま電車で神戸まで。
どうでもいい話ですが、途中「加古川」や「明石」を抜けていくので艦これの加古ちゃんや明石さんを思い出したり…(そればっか)。


20140901-8.jpg
「戦時徴用船の最後 大久保一郎遺作展」
戦時徴用船の最後を描いた絵画。今回この絵画展を見にいくために神戸へ行きました。NHKで以前特集されていて、それでこの絵画と大久保さんの存在を知ったわけですが。
この絵画展で描かれている船は南方へ物資や資源を運ぶ途中で魚雷や空爆によって沈没したもので、生き残った方の証言をもとにして描かれているといいます。アイアンボトム・サウンド(鉄底海峡)は、駆逐艦や戦艦以外にもこういった商船・漁船・機帆船も沈んでいます。もちろん船だけじゃなくて人間もですが。。。
こういった絵画展は戦争について改めて考える機会を与えてくれますね…。

帰る前に生田神社にも足を伸ばしまして、参拝してまいりました。
20140901-6.jpg
縁結び…ということで、良縁あるといいのですが…(笑)。


そんなわけで日帰り旅行(?)でした。

(おまけ:「艦これ」って何?という方へ。艦これとは「艦隊これくしょん」というブラウザゲームの略です。気になる方は検索してみてください。苦笑)
スポンサーサイト

花フェスタ記念公園(岐阜県可児市)

ツイッターにも流しましたが、バラが見ごろということで、花フェスタ記念公園へ行ってまいりました。
こちらはブログらしくもうちょっと詳しく書いておこうかなと。
花フェスタ記念公園はバラだらけの公園。シーズンは通常500円(大人)の入園料が1000円に跳ね上がります(苦笑)。高校生以下は無料だそうです。
以前はJAFの会員証を見せると割引もきいたのですが、現在は取り扱いがないそうです(一応尋ねてみました)。まあ、管理にお金がかかるでしょうし(人件費含め)、消費税もあがりましたので…仕方がないのかなぁとは思いますが。ちなみに、駐車場は何時間でも無料です。

バラのシーズンは混雑するだろうと思いまして、開園9時にあわせて自宅を出て、結局8時半に到着。
すでに先客がたくさんいました。みなさん、張り切ってますね(笑)。
土日は通常より早く営業しているのか開園していたのでさっそく入園。

2014花フェスタ3
気球に乗って、一帯を上空から眺めることが可能です。有料です(中学生以上2000円。小学生、幼児料金あり)。

2014花フェスタ1

2014花フェスタ2

2014花フェスタ4

2014花フェスタ5

2014花フェスタ6

数年ぶりに訪れたのでよくわからないのですが、部分的には枯れたのかお休み期間中なのか、貧相に感じるところもありました。イングリッシュガーデンを意識した一角が好きだったのですが、ちょっと残念な状態で。以前ほどの感動がなく…。
ですが、ほとんどのエリアは花のつきは文句なしの状態でした。
バラの苗(市場ではあまり見かけないものも多い)、土なども販売しています!

最後にフードコートで食べた高山ラーメン写真(必要ですか?笑)。
2014花フェスタ7

ぐるっとめぐって、1時には外に出ました。ら、駐車場は駐車待ちの車が溢れ、さらには駐車場にも入れない車が公道で大渋滞になっていました…。最悪、高速のインターから出られない…という混み具合になるそうなので、半端な時間に行くのは避けたほうが正解です。


花フェスタ記念公園のサイト
(園内は天気がいいと非常に暑いので、日焼け対策の長袖、帽子、日傘は必須かなと。あと、水分補給も)

八橋かきつばた園(知立市)

知立市にある、八橋かきつばた園へ行ってまいりました。
普段は静かな場所なのですが、かきつばたの咲くこの時期は多くのお客さんで賑わっています。
所在地は知立市ですが、逢妻川をはさんでお隣は豊田市。そのため豊田市南部(安城寄り)は完全に徒歩圏内です(笑)。

まずなぜこの八橋かきつばた園がそれなりにメディアに取り上げられ、お客さんを集めるのかというと、伊勢物語で有名な在原兼平氏が「からころも きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞおもふ」と詠んだことで知れ渡っているからですね(句頭が「かきつばた」になるから。学生時代に一度はこの和歌を勉強してると思います)。

20140511-5.jpg

20140511-6.jpg

わたしが子どもの頃はもっと群生していた記憶があるのですが、近年はまばらに植わっている印象です。いかんせん入場無料ですし、沼地の整備も含め、生育が難しくなっているのでしょうか。

20140511-4.jpg

20140511-7.jpg

20140511-8.jpg

20140511-10.jpg

20140511-3.jpg
知らない間にこんな立派な碑が…(笑)。

いまどきは見かけないのですが、昔はここでザリガニ釣りをする男の子たちがたくさんいました。手ごろな棒(割り箸)に糸をつけ、ニボシを餌にして釣り上げるのです。
ここでの小さな楽しみは、沼地にいる生き物を発見するということ。
環境が悪くなっていなければ、いるはずだと思いましてザリガニを探してみました。

20140511-1.jpg
…というわけで発見。思ったより早く見つけられました。比較的大物でしたし。
このザリガニ、かきつばたの葉で一人遊び(?)をしていて、ちょっと和みました(笑)。そしてこのザリガニの動向を探ってみると、近くに大小のザリガニたちがわらわらしてました。

20140511-2.jpg
軽く観察してみた結果、この橋の下に集まっている気配でした。昼間は人間も多いので、どうやらこの下に隠れているようです。賢いです(笑)。
かきつばた園へ来る機会がありましたら、ザリガニ等の生物を探してみてください(小さいゲンゴロウもいましたよ。笑)。

かきつばた園の見ごろはGW期間中~GW明けの土日まで。かきつばたまつり期間中は交通規制がありますので、車でお越しの際はご注意ください(わかりづらい場所にあります)。入場無料です(簡易休憩所、お茶室あり。日陰は少ないので帽子必須。服装にもご注意)。
ミスかきつばたの写真撮影会もあります。


八橋かきつばた園(知立市八橋町寺内61-1)
くわしくは知立市観光協会さんの紹介ページでご確認ください。

管理人、奈良へ行ってきました!(その2)

…というわけで、奈良の旅その2。
2日目は朝から法隆寺(斑鳩)周辺をうろうろしました。

IMG_1059.jpg
(↑法隆寺にいた野良にゃんこ。警戒されまくりです。苦笑)



ご覧になる方は続きへどうぞ。

管理人、奈良へ行ってきました!(その1)

IMG_1052.jpg

秋の行楽シーズン、奈良へ旅立ちました。
滞在中は天気もよくて、朝夕は肌寒さを感じたものの、日中は歩いていると暑いくらいでした。
旅のレポ、また食べたものを載せておりますので、興味のございます方はつづきからご覧くださいませ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。