をちこち

新三河タイムス社の中の人(女性スタッフ)のブログ。中の人が個人的に立ち寄ったお店の紹介がメインになります。 ※豊田市、みよし市以外の市町村(県外含む)も載せていきます。
2015年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年01月
ARCHIVE ≫ 2016年01月
      

≪ 前月 |  2016年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フランスタルト(サロン・ド・テ名古屋ふらんす)

フランスタルト 仏チーズや地元産牛乳・卵
20160107名古屋フランス

昨年9月、みよし市明知町にオープンした名古屋ふらんす(日進市)の直営店サロン・ド・テ名古屋ふらんす(服部剛士社長)お勧めの一品は「フランスタルト」。仏産のクリームチーズや岩塩と愛知牧場ノンホモ牛乳や名古屋コーチン卵などを使用。何層にも重ねたサクサクのパイ生地にふんわりなめらかなクリームの豊かな味わいのチーズタルト。
 ショーケースにはカラフルなスイーツが並ぶ。メレンゲを生かしたマカロンやダックワーズ。仏生まれのメレンゲのケーキ「フランコロン」はクリームとメレンゲの楽しい食感が繰り返し味わえる美味しさ。メレンゲと並びアーモンドにもこだわり、ピッタリのものを使用。品種が異なるアーモンドの食感や風味を楽しめる「アマンドサブレ」はイタリアとスペイン、アメリカ3大産地のアーモンドサブレ詰め合わせ。敷地内には30本のアーモンドがあり、花の咲く2月下旬にアーモンド祭を予定している。
 父幸三さんが1974年に井桁堂を名古屋で創業。愛知万博で名古屋を盛り上げようと04年、自社ブランドとして名古屋ふらんすを設立。名古屋駅や中部国際空港、サービスエリアなどの売店で販売してきた。
 象徴としてオープンした同店は、白とブルーが爽やかなオシャレな外観で天井の高い開放感のある店内。ショップの奥はゆったりとしたカフェスペースが広がり、スイーツ以外にもモーニングやランチを提供している。
 服部社長は「プレゼントや手土産などさまざまな用途に使ってもらえるよう地元の人にも知ってもらいたい。非日常的なゆったりとした時間を過ごしてほしい」と話す。
 年中無休。午前8時半から午後7時半。
 問い合わせは同店☎0561-33-5551
【岡田】

名古屋ふらんすさんのサイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。