をちこち

新三河タイムス社の中の人(女性スタッフ)のブログ。中の人が個人的に立ち寄ったお店の紹介がメインになります。 ※豊田市、みよし市以外の市町村(県外含む)も載せていきます。
2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 八橋かきつばた園(知立市)TOP管理人旅日記 ≫ 八橋かきつばた園(知立市)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

八橋かきつばた園(知立市)

知立市にある、八橋かきつばた園へ行ってまいりました。
普段は静かな場所なのですが、かきつばたの咲くこの時期は多くのお客さんで賑わっています。
所在地は知立市ですが、逢妻川をはさんでお隣は豊田市。そのため豊田市南部(安城寄り)は完全に徒歩圏内です(笑)。

まずなぜこの八橋かきつばた園がそれなりにメディアに取り上げられ、お客さんを集めるのかというと、伊勢物語で有名な在原兼平氏が「からころも きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞおもふ」と詠んだことで知れ渡っているからですね(句頭が「かきつばた」になるから。学生時代に一度はこの和歌を勉強してると思います)。

20140511-5.jpg

20140511-6.jpg

わたしが子どもの頃はもっと群生していた記憶があるのですが、近年はまばらに植わっている印象です。いかんせん入場無料ですし、沼地の整備も含め、生育が難しくなっているのでしょうか。

20140511-4.jpg

20140511-7.jpg

20140511-8.jpg

20140511-10.jpg

20140511-3.jpg
知らない間にこんな立派な碑が…(笑)。

いまどきは見かけないのですが、昔はここでザリガニ釣りをする男の子たちがたくさんいました。手ごろな棒(割り箸)に糸をつけ、ニボシを餌にして釣り上げるのです。
ここでの小さな楽しみは、沼地にいる生き物を発見するということ。
環境が悪くなっていなければ、いるはずだと思いましてザリガニを探してみました。

20140511-1.jpg
…というわけで発見。思ったより早く見つけられました。比較的大物でしたし。
このザリガニ、かきつばたの葉で一人遊び(?)をしていて、ちょっと和みました(笑)。そしてこのザリガニの動向を探ってみると、近くに大小のザリガニたちがわらわらしてました。

20140511-2.jpg
軽く観察してみた結果、この橋の下に集まっている気配でした。昼間は人間も多いので、どうやらこの下に隠れているようです。賢いです(笑)。
かきつばた園へ来る機会がありましたら、ザリガニ等の生物を探してみてください(小さいゲンゴロウもいましたよ。笑)。

かきつばた園の見ごろはGW期間中~GW明けの土日まで。かきつばたまつり期間中は交通規制がありますので、車でお越しの際はご注意ください(わかりづらい場所にあります)。入場無料です(簡易休憩所、お茶室あり。日陰は少ないので帽子必須。服装にもご注意)。
ミスかきつばたの写真撮影会もあります。


八橋かきつばた園(知立市八橋町寺内61-1)
くわしくは知立市観光協会さんの紹介ページでご確認ください。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。