をちこち

新三河タイムス社の中の人(女性スタッフ)のブログ。中の人が個人的に立ち寄ったお店の紹介がメインになります。 ※豊田市、みよし市以外の市町村(県外含む)も載せていきます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ お菓子工房ぐれいすTOP弊紙掲載記事/スイーツ ≫ お菓子工房ぐれいす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お菓子工房ぐれいす

(2015/02/05掲載記事)

くるみクッキー アーモンドラスクお勧め

20150205ぐれいす1

豊田市柿本町の「お菓子工房ぐれいす」。お勧めお菓子はクルミの香ばしさと砂糖の甘さが味わい深い「くるみクッキー」と、フランスパンの上に塗られたアーモンドバターが美味しい「アーモンドラスク」。素朴な味わいの「アーモンドクッキー」もリピーターの多い一品。
 工房は障がい児・者の地域生活を支援する社会福祉法人オンリーワン(柿本町、中本秀行理事長)のお菓子作り部門。オンリーワンは1998年に「スモールワン」として発足。02年から社会参加事業としてクッキー作りを始め、06年に「お菓子工房ぐれいす」を始めた。
 現在、20-35歳の14人の知的障がいを持つ利用者と元パティシエを含む8人のスタッフが、厳選された素材を活かした風味豊かな焼き菓子を作っている。
 お菓子を作る利用者の渡辺千代さん(24)は「お菓子は食べるのも作るのも大好きなので楽しい」と微笑む。施設責任者の下條幸一さんは「まずは手に取り、ぜひ一度食べてみてほしい。今後リピーターを増やしていきたい」と話している。
 販売は5カ所の企業へ出向くほか、イベントなどに出店。同法人のカフェギャラリーマティニ(柿本町)と市福祉センター内のバンズ カフェ(錦町)でも購入できる。 
 問い合わせは同工房☎28-0567
 【岡田】

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。